情報チャンネル

Tips

【成年後見制度③】任意後見契約のタイミングについて_弁護士 加澤正樹

任意後見契約は保険のようなもので、契約を結ぶのに最適な時期があります。
さらに、受任者の選定が契約成功の最大のポイントになりますので
今からでも後見人の候補者を見つけておくことは大切です。

今回は、契約をいつ結ぶのか、受任者選定のポイントと
後見開始のタイミングなどについてご説明します。

【成年後見制度シリーズ】
①「公証人に依頼する」
②「法定後見と任意後見の違いと特徴」
③「任意後見契約のタイミングについて」

◆講師プロフィール◆
高野・星野法律事務所 弁護士 加澤正樹

<得意分野>遺言書、任意後見契約書、家族信託契約書、離婚給付などの家族関係に関する相談及び契約証書の作成ほか

↓詳しい講師プロフィールはこちらから↓
https://san-niigata.com/author/san0077/

◆スペシャリストアライアンス新潟(SAN)◆
新潟県内の会計、法律事務所など士業・専門家の知恵と経験を連携させ、地元の中小企業や個人事業者の多様な課題やニーズに対応しようと設立された一般社団法人。現在は9グループ28社が参加し、登録スペシャリストとして弁護士や税理士、司法書士ら75人が名を連ねています。地域の専門家をより身近に感じて頂くために、スペシャリストの紹介や、ワンポイント情報の提供を動画などで行っています。

↓ワンポイント情報はこちらから↓
https://san-niigata.com/tips/

________________________________________________________________________________
おかげさまで20周年。これからも地域の課題解決のために頑張ります!
多様な専門家集団がワンストップで経営をサポート
株式会社パートナーズプロジェクト
https://www.3d-m.jp/

出演スペシャリスト

加澤 正樹
高野・星野法律事務所
加澤 正樹
弁護士としては新人ですが、検事として約33年(全国各地の地方検察庁、法務省入国管理局、法務総合研究所、最高検察庁)、公証人として10年の実務経験をもっています。 刑事事件は、最も得意とする分野の筈ですが、刑事弁護人としての力量は未知数というか、期待しないでください。また、入国管理行政に2年間携わっており、この方面の専門的知識を有しています。 最近10年間の東京での公証人生活で、約5000件の公正証書遺言を作成した経験から相続問題に関心があり、特に、今年7月から始まる「法務局における遺言書の保管等に関する法律」の普及に関心を持っています。

お問い合わせ・ご相談 Contact us

以下のメールフォームより、
お問い合わせください。
SAN事務局よりご連絡させていただきます。

コンタクトフォーム